So-net無料ブログ作成
検索選択

AK-69の謎が最新ライブで解明【Zepp Tour 2016 ~Flying B~】 [音楽 AK-69]

スポンサードリンク




AK-69「Zepp Tour 2016 ~Flying B~ @ Zepp Namba公演」


まず、初めに言いたいのはAK-69がDef Jam Recordingsから出したNEW両A面シングル

「With You~10年、20年経っても~/KINGPIN」

の曲順の謎が、今回の「Zepp Tour 2016 ~Flying B~ @ Zepp Namba公演」のライブで解明しました。

AK-69_flyingb7-18-00.JPG

AK-69のライブ「Zepp Tour 2016 ~Flying B~ @ Zepp Namba公演」については後述で述べますが最近は本当に時間が足りません。

マジで最近世の中が便利になり過ぎて一日の24時間が足りないと常々思います。

自分で本当の意味のある時間を送らないと時間は待ってくれませんからね。。

得にインターネットテレビ局の「AbemaTV」が出てきてから、もう何を優先するべきか分からなくなっています。

アベマTV恐るべし、全て無料で24時間見たい番組が目白押しです。

仕事に家族の時間、ゲームにアニメに多数のブログにアベマTV…etc


「今日も24時間しかないからビビっている暇はない」
by ANARCHY


アベマTVは最近では伝説のライブである「さんピンCAMP2016」の放送や、「フリースタイルダンジョン Monsters War」なども放送してたのでHIPHOP好きにはたまらない番組になっていると思います。

また今回放送されたAK-69の生ライブ

「Zepp Tour 2016 ~Flying B~ @ Zepp Namba公演」

では、またまたやばいものが観れました。

やっぱりライブは生の現場が一番だと思います。

でも画面上からも熱さが十分に伝わりました。

ライブいきてぇ~!!


今回は途中からですが、PCのスクリーンショットを撮っていたので画像と共に説明していきます。


AK-69のオシャレ過ぎるファッションについて


まずAKのファッションですが、自分もそっち系のアパレル関係でしばらく働いていましたが、最近のAKはオシャレ過ぎて(最先端過ぎて)分からないですw

AK-69_flyingb7-18-02.jpg

最近はシャツINがトレンドなんですね。

パンツの位置もゼロイチ(腰バキ度0)です。

自分的に7分丈の裾にロングソックスは◎です。

またナイキのコルテッツって懐かし~(>_<)

自分もチカーノが流行った時に無地白Tにディッキーズにピカピカの真っ白コルテッツとハイソックス履いてました(笑)

AKは今日の服装は超安いって言ってましたが、やっぱりゴールドアクセデフジャムのロゴが入ったネックレスが光ってましたね。

あとベルトはGOYARD(ゴヤール)でした。

ゴヤールのベルトは10万ぐらいかな?!

普通の人は10万円のベルトは買えないです。。


NWEシングル曲順の謎


そしてなんといっても前回のAKの記事

⇒「With You~10年、20年経っても~/KINGPI」本音レビュー

の記事でも書いていましたが、ずっと気になっていた今回のNEWシングルの

「曲順」

※なぜシンガーのカラシニコフ調の曲(With You)が一曲目だったのか?!

これが、このライブにて真意が明らかにされました。

完全に、納得しました。。

詳細は、下記の小見出し「15.With You」で。

だいぶ長い記事になったので目次を作ったので宜しければ活用してください。




では早速、ライブの曲紹介いきます。


スポンサードリンク


1.Flying B


一曲目はやっぱり上がる「Flying B」

会場のボルテージも初めから全快です。

羽の生えた"B"。

もちろんFlying Bの『B』はB-BOY、Bad-Boy、B級の『B』。

「負けを重ねたB級が『Flying B』に」

AKのこれまでの道筋を説いた渋い曲です。




2.CHAMPAGNE BOYZ


「CHAMPAGNE BOYZ」はアルバム「THE RED MAGIC」に入っているラグジーな一曲です。

CHAMPAGNE BOYZのPVを久しぶりに観ましたが、このPVの最後にRRのエンブレムが映ってましたね。



確かこの時AKはポルシェのパナメーラに乗っていたと思います。

この時からRRを意識していたんですね!



3.A Hundred Bottles


アルバム「THE THRONE」の一曲です。

CHAMPAGNE BOYZと同じラグジーな曲なので曲の流れを組んで3曲目に入れたんだと思います。

この曲のMVは最高級シャンパンの「アルマン・ド・ブリニャック」を114本用意してYahooニュースになるぐらい話題を呼びましたね。

「アルマン・ド・ブリニャック」の総額はなんと、28,658,000円。エグイ。。




4.Rolls-Royce, Diamonds, Bixxhes -REMIX-


こちらはシングル「Flying B」に収録されている一曲です。

こちらも前の曲の流れを組んだHIPHOPの成り上がりを歌った曲です。

「音楽は自由でもリアルじゃないなら無い価値」

自分は上のバースがとてもきれいな韻でHIPHOPの理をついているので好きです。

ちなみにAKが今乗っている車↓


「ロールスロイス レイス」

セレブ中のセレブとかアラブの石油王とかが乗る車です。

確か、リック・ロスの愛車もロールスロイスレイスですな。

自分は田舎者ですが、日本で走っているところを今のところ見たことないですw


5.FAT JOE "All The Way Up -Remix


言わずも知れたFat JoeのMVにAKが出演した時の曲のリミックスバージョンです。

「俺の車庫にゃずらりRange Rover,Rolls Royce Wraithに'RarriこれRealに歌う奴などいない」

確かに、これをリアルに歌うラッパーは日本ではAKだけ…。

昔の歌を聴いていたら昔の夢を今の現実にしている感じです。


鬼の努力と修羅の道を通ってきた賜物ですね。




6.We Don't Stop feat.FAT JOE


こちらはAKがFat Joeを招いた曲です。

シングル「Flying B」に収録されています。

「Bixxheの股 ヤローの口 硬ぇ方が良いに決まっとるもんで」

AK-69_flyingb7-18-02.jpg

こっから、スクショ撮ってます。

※画像は無断引用なんで、メジャーにいったAKやアナーキーの画像を使うのを最近はビビっています。

あくまで彼らをプロップスしている記事なんで、自分的には大丈夫と言い聞かせていますが、事務所がでかいんで、急に消されたらごめんなさい。。


7.TOO MUCH MONEY OUT HERE


こちらはアルバム「THE THRONE」に入っているい一曲です。

どちらかというとアップテンポな曲調でスイスイ進む感じの曲です。

AK-69_flyingb7-18-03.jpg

「マー君を越える勝率」

AKのリリックにはよくスポーツ選手が出てきます。

過去の曲にもイチローや錦織圭、モハメドアリ、メイウェザーなどがリリックに出てきてました。

ただ、特に野球選手が多い気がします。

ちなみに中日ドラゴンズの谷繁監督は「Flying B Entertainment」所属らしいです。AKと親交が深いのは知っていましたが、レーベルに所属している意図は謎ですw


8.Oh Lord -RWMIX-


こちらもアルバム「THE THRONE」の一曲。

NYC、BROOKLYN出身のYOUNG OGことFABOLOUSが客演している名曲です。

こちらのリリックに錦織圭が出てきてます。

「俺なら続くラリー錦織バリ」



この↑ダンスバージョンのPVでは幾何学的な映像とダンサーの融合が渋過ぎです。

たぶん有名なダンサーだと思いますが、顔がバンダナで隠れていて誰か分からないです。。


9.CITY-ACE "24/7 365"


HIPHOPシンガーであるCITY-ACEとの一曲です。

「ひっくり返せるそん時まで歌い続ける。」

AK-69_flyingb7-18-06.jpg

AKと関係はないですが、CITY-ACEのこの曲は↓切なくてめちゃいいです。Mr.OZ懐つい。
「Baby Girl ~sweet lovesong~/Mr.OZ feat CITY-ACE 」


「ビッチと言われようが俺にとっちゃ惚れちまった大事な女だから」


10.One Way, One Mic, One Life feat.般若


アルバム「TRIUMPHANT RETURN ~Redsta iz back~」に入っている般若との一曲です。

HIPHOPを熱く歌い上げた曲です。ライブでは実際に般若が登場で会場もヒートアップ!

般若も熱いですが、トラックメイクがDJ BUGZY(バグジー)。

京都のイケイケなスーパーアングラなDJです。さすがディープなトラックに仕上がってます。

AKと般若とのマイクリレーがかっけ~です。

AK-69_flyingb7-18-07.jpg

般若はやっぱ間違いない。ちょっとふざけ過ぎですがそれが般若のいいところでもあります(笑)


11.IRON HORSE -No Mark- 78Remix feat.般若


ここでもう一発、般若とのコラボです。

こちらの楽曲は「IRON HORSE -No Mark-」のリミックスバージョン。

原曲はシングルのみの収録で、自分のAKの好きな曲ベスト10に確実に入ります。

AK自身を馬や万馬券に例えたHIPHOP流の成り上がり方を歌った曲です。

リミックスバージョンはシングルの「PUBLIC ENEMY」にこのリミックスが収録されています。

ホントはこちらのリミックスでは般若以外にもM.O.S.A.D.の"E"qualとAKIRA、OZROSAURUSのMACCHOが共演していますがライブには般若だけの登場でした。

AK-69_flyingb7-18-08.jpg

この78年式(1978年生まれ)はHIPHOP奇跡の年と呼ばれ、AKを初め、この曲で共演している"E"qualとAKIRA、MACCHOに般若そしてTOKONA-XやMC 漢やD.Oに韻踏のHIDADDYやERONE、NITROのBIGZAMなんかも78年式です。

マッチョは今はバンドを組んでハードコアなHIPHOPを進んでますね。

そういえば、"E"qualとAKIRAはどうしてるんやろ。最近聞かないです。

AKIRAは一切追ってなかったですが、"E"qualはオシャレなラップするんで自分は好きでアルバムも全部持っているんですが、最近活動がない模様です。

日本のHIPHOP界で生き残っていく難しさを考えさせられます。


12.BECAUSE YOU'RE MY SHAWTY


こちらはAKライブお決まりのステージに女性を上げるパフォーマンスです。

男の自分からしたらどーでもいいですが、女性ファンからしたらたまらんでしょうねw

R&Bのアッシャーもライブで同様のパフォーマンスをしてましたので、そんな感じのファンサービスの盛り上げ方でしょうか。

綺麗な女性を↓探すAKのスタッフ↓ ※そしてこの時間を使ってAKも衣装チェンジ
AK-69_flyingb7-18-09.jpg

ここでは、ライブに来ているファンの中から一人が選ばれてステージに上がってAKにラブソングを歌ってもらうんですがミラクルが起こり、2月27日に行われた「NON FICTION 一夜限りのプレミアム・ライブ」でも選ばれた女性がまたまた選ばれてしまいました!!

AK-69_flyingb7-18-10.jpg

AKも「どこかで見たことあるなぁ」って言ってましたが同じく自分も思っていましたw

なんて幸運な女性なのでしょうか…

AK-69_flyingb7-18-11.jpg

しかもこの「BECAUSE YOU'RE MY SHAWTY」はアルバム「THE RED MAGIC」に収録されている曲ですが、AKの奥さんに歌っている「And I Love You So」に並ぶ名曲なのに…

うぅ( ;∀;)


13.The Honesty ~My Love Pt.Ⅲ~


こちらはアルバム「TRIUMPHANT RETURN ~Redsta iz back~」に収録されているどっちかというと失恋系のラブソングです。

AK-69_flyingb7-18-12.jpg

前の曲のいい感じの流れのままこの曲に移行しました。

ただ、この曲は昔からのAKファンなら知っていると思いますが、女性をW●●dに見立てた曲です。

同じような曲でレゲエのCHEHON「みどり」が有名ですね。

そしてこの「The Honesty」はAKがカラシニコフ名義で出した初のソロアルバムである「PAINT THE WORLD」に入っている「My Love」からの三作目となる続編です。

順番は

「My Love」
  ↓
「My LoveⅡ」
  ↓
「The Honesty ~My Love Pt.Ⅲ~」
  ↓
「The Last Song -My Love Epilogue」
  ↓
「メアリー ~My Love Next Episode~」

と今のところ五作続編として出ています。続きもあるかも…

一番初めの「My Love」は結構あからさまなに例えているのでW●●dとすぐわかると思います。

「The Honesty」ぐらいから知る人ぞ知るって感じになりましたが、全部いい感じのメローな曲です(^^♪

自分は特に初めの「My Love」かARIAとコラボしている「The Last Song -My Love Epilogue」が好きです。



14.And I Love You So


AKのラブソングで一番売れた曲じゃないでしょうか。

アルバム「THE CARTEL FROM STREETS」に入っています。

ライブでは「大切な人を想ってください」と一言AKが言った後フリースタイルから入って、「And I Love You So」を一曲フルで歌いきり、最後もフリースタイルで締めていました。

AK-69_flyingb7-18-13.jpg

奥さんの寝顔を見たときに降りてきた歌詞らしいです。やっぱり、響きますね。



YouTubeでは驚きの2,300万回数再生されています。



15.With You~10年、20年経っても~


ここでNEWシングルのWith Youが歌われますが、その前に長めのMCが入りました。

AK-69_flyingb7-18-15.jpg

AKは今回この曲を押す理由に二つ挙げました。

一つは当然ですが、

「Def Jam Recordings」との契約

そしてもう一つが

盟友である「TOKONA-X」の存在

ご存知、トコナが所属していたM.O.S.A.D.のアルバム「the great sansetion」で「COLD GAME」ってゆうPhobia of Thugとやってる曲があんですがココで初めてKalassy Nikoffが登場します。

Kalassy Nikoff(カラシニコフ)はAK-69のシンガー名義、昔はよくAK69とKalassy Nikoffを使い分けて、客演をこなしたり、もしくはAK-69 a.k.a Kalassy Nikoffとして曲を出していました。

この「COLD GAME」を作る際にシンガー名義でトコナに歌ってほしいと頼まれて、Kalassy Nikoffが誕生しました。

そしてその後、トコナがソロで「Def Jam Japan」と契約して、「トウカイ×テイオー」を出したんですが、このメジャー初アルバムにてKalassy Nikoff「Let me konw ya...」にて招集しました。

4582174311725.jpg

自分的にはこの時点でAKの名前はもう既にそこそこ知れ渡っていたと思うのですが、AK本人からすればまだまだ無名で全国メジャー作品の初めての共演で緊張しまくっていたとライブで言っていました。

AKにとってはKalassy Nikoffというシンガーとしての名前はトコナとDef Jam、両方に特別な想いが込められた意味のあるものになったんですね。

そして、AKがDef Jamと契約して一発目のシングルの一曲目が

「With You~10年、20年経っても~」

シンガーとして歌い上げた「With You」をあえて一曲目にしたのにはトコナとDef Jamの想いがこもったKalassy Nikoffとしての曲をAK自身が一曲目にもってきたかったという深い理由があったんですね(泣)

曲順に疑問を抱いていましたが、スッキリしました。

正直、信念のあるいつものAKならメジャー一発目はゴリゴリのHIPHOP(KINGPINのような曲)を前に出してくると思っていましたが、メローで誰もが聞きやすいラブソングを前に持ってきたのに疑問を持っていました。

「それがメジャーのマーケティングとしてのやりかたかぁ!!」と思っていた自分が恥ずかしいです。

やっぱりAKはAKでした!安心(^^


そして日本語ラップを語る上で「TOKONA-X」は絶対に外せない重要なキーパーであり、誰も超える事ができなくなった伝説のラッパー。

改めてトコナの偉大さを知りました。

AK-69_flyingb7-18-14.jpg


16.街模様


この曲はアルバム「THE RED MAGIC」に入っているメローな曲です。

「ここまでこれたのは奇跡だな」

「この先行かなきゃな」

「すでにおめぇの登る階段なら」

「上に伸び続けているか 夢に」


心にしみます。

AK-69_flyingb7-18-16.jpg

17.ICU


この曲もかなりスローテンポな一曲です。

アルバム「THE THRONE」に入っています。

「借り物の刀で切れぬからドラマで磨くスキル得るのみ」

ライブではオートチューンの伸びがかなり気持ちよかったです。

AK-69_flyingb7-18-17.jpg


18.Warriors


こちらも「THE THRONE」に入っている曲でアルバム中の曲順も「ICU」の次の曲で「THE THRONE」を飾る最後の曲です。

アルバムの最後の曲ってゆうのは締めの曲なのでかなり濃厚な内容になっています。

「Warriors」という曲名からも分かるように闘い(己との闘い)がテーマになっています。

「紐締め直せ兜 覚え悟る己の覚悟」

AK-69_flyingb7-18-18.jpg


19.ONE


こちらもオートチューンがガンガン効いたメローな気持ちいい曲です。

アルバム「The Independent King」に入っている曲です。

この曲の前にもAKのMCが入ります。

「夢に向かって頑張っている人はたくさんいると思いますが、

いろいろなネガティブで諦めるのが普通です。

夢や、やりたい事の初期衝動は大きいが続けるのが難しい…

全ての夢が叶うと綺麗ごとは言いません。でも

諦めずに闘い続ければ叶う夢もある」


論より証拠を自分の生き様で証明してきたAKが言うとホントに説得力があります。

「俺は俺でしかないお前はお前でしかないってこと」

「ONE」…

AK-69_flyingb7-18-19.jpg

会場全員が「ONE」で一体になっていました。

AK-69_flyingb7-18-20.jpg


20.ロッカールーム -Go Hard or Go Home-


これはボクシングの井岡一翔の入場曲でも使われていましたね。

アルバム「THE THRONE」に入っている名曲中の名曲でシングルカットもされています。

まさにAKの曲って感じの己を映し出した戦いの曲です。



三つのヒューマンストーリーをShort Filmにした↓こちら↓のPVにも感動しました。



AK-69_flyingb7-18-22.jpg

そしてここでまたMCが入ります。

「誰もが無理と言われ続けてきた20年間。

今ではAKが遠い存在になった様に思う人がいるかもしれん

でも地べたに座り込んで夢を語っていたお前らと今も変わらない。

俺は遠い存在なんかになっていないし

俺はお前らの代弁者として歌を歌い続けます。

HIPHIPとは音楽プラス生き様

腕がもがれようと足がちぎれようと俺は歌い続けます。

1つのことを想い続けた時

1つのことをやり続けた時

どんなクズでも叶えられる夢があるってこと」


※内容は要約しています。

そして曲はラストのKINGPINに…


21.KINGPIN


最新両A面シングルの「KINGPIN」です。

これはもう説明不要だと思います。

「誰も真似できねぇ 天下無双とは俺の事」

「HIPHOPとは音楽プラス生き様」

「どんなクズでも叶えられる夢があるってこと言っとく」



そしてこの歌を歌う前にAKはトコナのアイコンでもあった実際にトコナが付けていた

「3連ドックタグ」

をDef JamのNEWネックの上から付けていました。

AK-69_flyingb7-18-23.jpg

これもまた一つのリアルドラマ…

生ライブ行きてぇ…。。

鳥肌が止まりません。。

AK-69_flyingb7-18-24.jpg

AK-69_flyingb7-18-25.jpg

R.I.P. T-X




22.THE RED MAGIC


ライブのアンコールです。

この曲はアルバムのタイトルにもなっている「THE RED MAGIC」のリードトラックです。

ライブで盛り上がる曲ですね。

AK-69_flyingb7-18-28.jpg


23.START IT AGAIN


誰もがボロボロになった時にこの曲を自分に重ね合わせて勇気をもらっているのではないでしょうか。

この曲も「The Independent King」に入っている説明不要のAKの名曲ですが、今回のライブでシンクロしてしまい自分はボロボロと出てくる涙を抑える事が出来ませんでした。

AKのお父さんが病気で闘っているそうで、

「ライブを観に来れるのもたぶん最後だと思います」

「勝手かもしれませんが親父に歌わせてください」と…

言っていました。

そして自分事にはなりますが、自分の父もちょうど末期のガンと闘っていて、体がボロボロなのに無理してやり残した事があるかのように仕事に行きます。

責任感が強く、頑固な父は中小企業の会社を経営しています。本人からは何も口にしませんが、本当は入院しないといけないほど病気は進行しておりいつ倒れてもおかしくないらしいです。

父と自分は一緒には住んでいませんが、頑固親父なので病院の先生の言うことも、誰の言うことも聞きません。

でもホントにリスペクトしています。自分が同じ状況だと弱音を吐きまくって療養していると思います。

そんな自分の父とAKのお父さんと、この曲がリンクしてしまいました。

「死んでしまいたいと思う今日は、死ぬほど生きたかったヤツの明日かもしれん」

AKが充血する目をつぶって、そして力強く、心の底の気持ちを曲に乗せて歌っているのがこちらまで伝わってきました。

AK-69_flyingb7-18-29.jpg

AK-69_flyingb7-18-30.jpg


本当に音楽は奇跡だと思います。

バカにする人やAKの音楽を完全否定する人、何も感じ取れない人、、たくさんいると思いますが、もうそんなのどうでもよくなりました。


本当に

勇気やパワー

そして感動を

いつももらっている『AK-69』に

感謝の想いを込めて


この記事の最後の言葉にしたいと思います。



ありがとうAK-69 

そしてこれからも頑張ってください。

いつまでも応援しています。








スポンサードリンク



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。