So-net無料ブログ作成

井上尚弥、拳の怪我の具合【経過】は? [格闘技 井上尚弥]

スポンサードリンク




井上尚弥、拳の怪我の具合は?



井上尚弥の先日痛めた拳の怪我の具合はどうなのでしょうか?

気になって調べてみました。

もともと井上尚弥は2014年12月30日に行われた
WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
オマール・ナルバエス戦で右拳を痛めて(骨折して)おり
一年間丸々、拳の怪我で試合をしていない状態でした。

ナルバエス戦では最初に放った一発目で拳を痛めているので
本当に相当なハードパンチャーです。


今回2016年5月8日に行われたカルモナ戦でも
なんと2ラウンド目に相手のコメカミに放った
右の一発で古傷を痛めたというでなはいですか!!?

井上尚弥-カルモナ戦6-3-1.jpg

痛みはラウンドを増すごとにじわじわ痛くなっていき
6ラウンドには強くパンチを打つのは辛いぐらい
痛めていたようです。

確かに実況のアナウンサーもそのあたりから
「右の拳を痛めたのでしょうか?!」
とやたら言ってたのを覚えていますし
実際にボディーブロー以外ほとんど右を
使っていなかったですね。

それでも12ラウンドの最終ラウンドでは連打で
相手からダウンを奪い、明らかな大差をつけての
判定勝ちになりましたが、本人はやはりKOでは
なかったので納得していなかったようです。

試合後の場内インタビューで

「期待を裏切ってすみません。母の日にみっともない」

とKOできなかったことをファンに謝罪し
拳の事を言い訳にせず、痛めた拳の事も
一切触れていませんでした。

まさにプロのカガミとも言うべきか。


全体のラウンドを通して見ると確かに
打ち合いというかステップワークやフットワークを
使った足のうまいアウトボクシングという印象でした。

ただ、それはそれですごいなぁと思いましたが。。

あれだけのハードパンチャーでありながら
ステップを使った華麗なアウトボクシングや
近い距離でのディフェンスの技術の高さから
『次世代パッキャオ』
言われているのが納得いきます。


これがランキング1位とチャンピオンの違いかとも思いました。

はじめの一歩の鷹村さんが言ってましたが

「ボクシングのランキング1位は一番強い1位ではなく、
チャンピオンに挑戦できる権利を持っている1位だと。。」


ボクシングではやはり
チャンピオンが絶対的な王様
なのだと…

鷹村守6-3-1.jpg

渋いっすね鷹村さん。そしてその通りですね。

拳を痛めててもあれだけの試合ができる井上尚弥は本当に
絶対的なチャンピオンだと思います。


そうそう、そして拳の怪我の具合ですが、
試合後の本人インタビューでは
「骨折ではなく打撲なので、一か月程度で治ると思う」
と語っていたので今頃は拳の怪我も治り
通常に練習ができている状態だと思います。

拳の怪我の経過が気になり過ぎて色々調べましたが
何も目新しいものが出てこなかったので、おそらく
大丈夫なのでしょう。あくまでおそらくですが…

ただ、試合後の拳の腫れ方が半端ないです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
井上尚弥-拳のケガ-デビット-カルモナ戦.jpg

「両こぶしパンパンやないか!!」

そう、痛めていたのは右の古傷だけではなく右と左の
両こぶしを痛めていたようです。

この画像を見てホントにただの打撲なのかと疑問に思いますが…

もともとボクシンググローブとはパンチ力を殺して
相手のダメージを軽減するものではなく
自分の拳をクッション材として守るためのものです。

これは井上尚弥の相当なパンチ力を物語っていますね。


拳の怪我は癖になりやすいと言いますので本当にケガに
気を付けて防衛戦、そして王座統一選、そしてそして
夢のローマン・ゴンザレス戦を楽しみにしています。

そしてそして、さらにいつかは神の左を持つ山中伸介
との頂上日本人対決なんて考えるだけで興奮します♪


スポンサードリンク




ローマン・ゴンザレスとは


ローマン・ゴンザレスとは軽量級で最強と言われて現在も無敗記録更新中、、

ローマン・ゴンザレス6-3-1.jpg

第16代WBA世界ミニマム級王者・元WBA世界ライトフライ級スーパー王者
そして現在は第41代WBC世界フライ級王者の三階級制覇の無敗の絶対王者です。

アマチュア、プロを通して戦績87戦全勝

プロ戦績 45戦 45勝 (38KO) 無敗 ※2016年6月現在

ただ強すぎてローマン・ゴンザレスと試合を避ける選手が続出しています。

亀田興毅はもちろんのこと井岡一翔も対戦を恐れて避けている選手です。

ただ井上尚弥は

『強い相手としかしない』

というミラクルカッコいい信念を持っているのでローマン・ゴンザレスを
意識しているのは必至でしょう。

まぁ所属ジムや大橋会長はかなり慎重なようですが。。

見たいなぁ~

2014年の八重樫 VS ローマン・ゴンザレスは年間最高試合と称されています。

あの試合は心が震えて八重樫選手の死闘に涙しました(涙)

ローマン・ゴンザレス-八重樫6-3-1.jpg

やっぱり日本人である限り日本人を応援したいですね!!

井上尚弥 VS ローマン・ゴンザレス 楽しみにしてます♪


↓ ↓ ↓関連 注目記事 ↓ ↓ ↓
⇒ 井上尚弥の戦績がすごすぎる件
⇒ 井上尚弥の次戦は誰?2016年最新


スポンサードリンク



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。