So-net無料ブログ作成

モハメドアリVSアントニオ猪木の試合結果! [格闘技 モハメド・アリ]

スポンサードリンク




モハメドアリVSアントニオ猪木の試合結果


モハメドアリとアントニオ猪木の異種格闘技の「格闘技世界一決定戦」は印象に残っている人も多いのではないでしょうか。

自分はまだ生まれてもいませんが、、

アリ-猪木6-6-1.jpg

1975年 昭和50年に現役のヘビー級世界チャンピオンだったアリは拳でも口でも戦う男として有名で「100万ドルの賞金を用意するが、東洋人で俺に挑戦する者はいないか?」とジョークを言ったところをアントニオ猪木が「100万ドルに900万ドルを足して1000万ドル(当時のレートで30億円)の賞金を出す。試合形式はベアナックル(素手)で殴り合いで日時、場所は任せる」といった挑戦状をアリ側に送ったのが試合のきっかけとと言われています。

えげつない話ですね。
猪木もさすが、『燃える闘魂』と言われるだけあります。

当時はワールドワイドの世界チャンプであるアリと世界では無名なプロレスラーの猪木との試合は実現しないと言われていましたが、メディアなどが騒ぎ立て無視できなくなったアリ側が仕方なく商談に乗り試合までこぎ着けたと言われています。

今からちょうど40年前の1976年6月26日に行われたこの試合は
「世紀の茶番」「世紀の凡戦」
などと酷評されていますが本当にそうだったのでしょうか?

アントニオ猪木と聞くとプロレスであり、あくまで興行のエキシビションでの試合と連想しますが、このアリVS猪木は、まぎれもないリアルファイトであったがための試合内容だったのでしょう。

いまでさえタイトルを獲得した元プロボクサーが総合格闘技界に挑戦している人はいますが目立った成績を残せている選手はほとんど皆無といっても過言ではないでしょう。

そうなんです。パンチだけのボクサーが全身を使う総合格闘家相手ではルール上、絶対的に不利なのです。

それを知っていたアリ側の取り巻きが猪木戦にあたってルールの変更を何度もしてきて、ほとんどのプロレス技が封印された状態での試合になったのです。

モハメド・アリVS猪木2.jpg試合内容はスタンドでパンチの殴り合いをしたいアリに対して、寝技で決めたい猪木は15Rほとんど寝たままで蹴りを繰り返す展開となっていました。
※後に言う「アリキック」「猪木アリ状態」
今でこそ「猪木アリ状態」は総合格闘技界では普通ですが、当時は総合格闘技という概念もなかったのでこれが、客から見たら退屈に見えたのでしょう。


◆試合結果は3分15ラウンドを戦い時間切れ引き分け◆


この状態に観客はブーイングし、視聴率や売り上げもたたないとし、昨今までソフト化も再放送もされませんでした。※当時の放送の視聴率では38.8%と高視聴率をマークしていました。

ただ、今となりあの世紀の戦いは再評価され、専門家の間では異種総合格闘技の歴史を作った名試合とされています。

現に、グレイシー柔術の連中にアリVS猪木戦を見せたら絶賛の嵐だったという話もあります。

試合後、足をけり倒されたアリの足は腫れあがりエレベーターに乗って扉が閉まるとアリはその場で倒れ込んだという逸話もあります。
※現にアリは足の血栓で入院しています。

あくまですごいのが、現役のヘビー級世界王座がどんなルールにせよプロレスラーと試合をするという事実がすごいです。

アリ、猪木、両者ともに尊敬します!

そしてくしくも今年2016年に、この格闘技世界一決定戦が行われた6月26日を
「世界格闘技の日」に制定されました。

アントニオ猪木【追悼のコメント】
「逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。最近では、体調を崩されているということを聞いて心配しておりましたが、こうして、かつてのライバルたちを見送ることは非常に辛いものです。あの戦いから今年で40年。6月26日が『世界格闘技の日』と制定された矢先の訃報でしたので残念です。」


スポンサードリンク




猪木vsアリ蘇る伝説の死闘


モハメド・アリ緊急追悼番組ということで12日にテレビ朝日系でアリVS猪木戦がテレビで再放送されるようですね。

猪木は「正直5ランドもあれば楽勝で倒せると思っていた」と衝撃の告白もありました。

モハメド・アリVS猪木3.jpg

番組では現在まで放送されていない感動の秘話も明らかにされるという。

当時の実況では第10ラウンドに初めてアリのジャブが当たったと放送されていたようですが、猪木自身、実はその前からアリの見えないパンチが猪木に当たっていたと語っています。
また逆にVTRを振り返る中で猪木には絶好のKOチャンスがあったことも分かるとされています。

猪木はアリ戦に向けて自身の交渉でルール的に絶対的に不利とされていたのでスタッフが、「社長、黙ってこれを履いてください」と言い鉄板入りのブーツを履かせようとしたとされています。
しかし猪木は「後で後悔する試合はしたくない」とセリフを吐いてブーツは履かなかったとされています。
後に猪木はアリのパンチについて「ちょっと小突かれただけでグラっときた」「まともに喰らったら間違いなく立てない、超一流のパンチ」とアリのパンチ力の凄さを語っています。

また今回放送される番組内では当時では話せなかったギャラの交渉やニューヨークで行われた記者会見の裏側などを赤裸々に番組内で話すとされています。

蘇る伝説の死闘『猪木vsアリ』」は6月12日午後8時58分〜11時10分に放送予定です。

自分も一格闘技ファンとして、そして何よりモハメド・アリの追悼の意味を込めてテレビ番組は絶対に見ます!

R.I.P. MuhammadAli





スポンサードリンク



nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。