So-net無料ブログ作成

井上尚弥の次戦は誰と試合?2016年最新 [格闘技 井上尚弥]

井上尚弥の次戦は誰?2016年最新


井上尚弥の次戦、次の対戦相手が気になって
いろいろ調べましたがやはりナルバエスとの
再戦が濃厚のようです。

というか契約で決まっているとか、
決まっていないとか
現段階では、はっきりしないようです。

井上次戦ナルバエス.jpg

前の記事でも書いているので何度もしつこいですが
オマール・ナルバエスはWBO世界スーパーフライ級の
王座を11連続防衛していてアマ・プロ戦歴150戦して
一度のダウンもとられたことのないスーパースターです。

そのナルバエスを井上尚弥は2ラウンドノックアウトと
ゆう衝撃的なKO激を見せ一気に世界に名前を売った井上
そしてかたや、凄まじい栄光を持っていた王者が
2ランドというあまりにも短すぎる時間で、しかも人生初の
ダウンで王座陥落をしてしまったナルバエス。

ナルバエス側からしたら、悔しくて仕方がないのでしょう。

各方面、特に井上尚弥側がしたらナルバエスの再戦は
もういい。別にみたくないという声が多いようですが
自分は正直かなり観たいです。

だって打倒、井上尚弥で燃えてるボクサーナンバーワンは
確実にナルバエスですし、井上対策やかなりの研究を
しまくってるは明らかです。

しかも実績、ネームバリューもまったくの問題ない
最強のボクサーなのは間違いないのですから。

ただ年齢が40歳…

これもまたすごいですよね。
ボクシング界ではかなりのロートルファイターですし
引退しても何もおかしくない年齢です。

またチャンピオンを狙うにしても違う団体や、階級を
狙ってもいいのに

イケイケで破竹の勢いの若い井上にまた挑もうとする姿勢が

漢 (男) です。

なんとも男というのはやっかいな生き物ですなぁ

そしてそこにロマンや熱いものを感じるのは自分だけでしょうか?!

試合結果がどうなるにしても、必ずいいものが見れると
自分は思います。※あくまで井上尚弥の応援ですが…


前回は挑戦者として挑んだ井上尚弥も今度はチャンピオンとしての
意地や守るものや想いがたらふく含んだ意味のある試合に

そしてナルバエスは最強のチャンプから今では挑戦者。
男の意地やプライドを全てかけて挑んでくるのは必至です。

そんな両者の想いをくむと凄まじい試合になりそうと期待してしまいます。


そして井上尚弥はこのナルバエス戦が終われば、
当然ゴンザレス戦を見据えているでしょう。

ゴンザレスは現在、井上尚弥の一つ下の階級ですが
井上を意識して階級を上げる準備をしているようですよ!

あぁ~楽しみは尽きないですね(^^♪


スポンサードリンク



井上尚弥の次戦【ナルバエス】のプロフィール


ナルバエス6-4-1.jpg

本名:オマール・アンドレス・ナルバエス
通称:ハリケーン
身長:159cm
リーチ:163cm
生年月日:1975年7月10日
出身国:アルゼンチン
出身地:チュブ州トレレウ
利き腕:左(サウスポー)

☆第16代WBO世界スーパーフライ級王者
☆第12代WBO世界フライ級王者


=プロ戦績=
49戦 45勝 2敗 2分


アマチュア時代は1996年のアトランタオリンピックと2000年の
シドニーオリンピックの2度のオリンピック出場をしています。

また1999年世界ボクシング選手権大会にフライ級(51kg)で
出場し銀メダルを獲得しています。
同じ1999年のパンアメリカン大会では金メダルを獲得。

シドニーオリンピックでは2回戦で敗れ、このオリンピックを
最後にプロに転向しています。


プロボクサー転向後はデビュー後フライ級で11戦全勝
2002年にWBO世界フライ級王者アドニス・リバスに挑戦し
3-0の判定勝ちの末、世界王座を獲得。

以後2009年までフライ級王座を16回、防衛戦に成功しています。
同2009年に2階級を目指すためフライ級王座を返上。

2010年にWBO世界スーパーフライ級王座決定戦で
エバース・ブリセノと対戦し、12回 3-0の
判定勝ちを収め、2階級制覇に成功。

以後スーパーフライ級で3回、防衛戦に成功しているが
2011年のWBC・WBO世界バンタム級王者ノニト・ドネアに
挑戦したが、12回、0-3の判定負け。
これがプロ初の黒星となる。

以後、井上尚弥に負けるまでスーパーフライ級の王座を
11回、防衛に成功し守り続けていました。

そして2014年井上尚弥のプロ2度目、プロアマ通して初めての
ノックアウト負けとなる。

2015年の再起戦では地域王座決定戦で3-0判定勝ちを勝ち取り
井上尚弥とのリマッチを熱望しました。

2016年2月20日にはIBFラテンアメリカバンタム級王座決定戦で
ヘスス・バルガスと対戦して8回で相手が棄権したため
バンタム級進出初戦で王座獲得に成功しています。

↑ん????
バンタム級、IBFで王座を獲得してこれからどうするの?!
井上尚弥との再戦は希望しているのは間違いないようですが、
バンタム級しかもIBFで王座とっちゃてるし、
これがテストマッチとは少し考えずらいです。。

今後の動向に目が離せません。

ただ、情報によると前回井上尚弥の挑戦を受ける際に
「興行権」(オプション)
を設定していたようなので契約上3試合以内に再戦と
なるはずなのですが…

今後の試合の動きが分かり次第直ぐにアップします!!


↓ ↓ ↓ 関連注目記事 ↓ ↓ ↓
⇒ 井上尚弥の戦績がすごすぎる件!
⇒ 井上尚弥、拳の怪我の具合は?

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。